1. ホーム
  2. 矯正歯科

矯正歯科

 
全額矯正については非常勤の長崎大学矯正科の専門医が施行します
 
部分小矯正、床矯正、咬合誘導は、一般歯科の中でも対応します

叢生(治療前)

叢生(治療後)

不正咬合の種類

叢生(乱杭歯)

叢生(乱杭歯)

歯が重なり合ってデコボコした状態です。
歯が大きく顎の骨が小さい時や乳臼歯の虫歯がひどく早い時期に無くなった場合などに起こります。

上顎前突(出っ歯)

上顎前突(出っ歯)

下の前歯に比べて上の歯が出ている状態です。
上顎(うえあご) と下顎(したあご)の成長に差がある時に起こります。
また、指しゃぶり、唇を咬む癖などでも起こります。

反対咬合

反対咬合

前歯の咬み合わせが逆になった状態です。
上顎と下顎の成長に差がある時に起こります。
また、前歯が生え変わる時に一時的に起こる場合も有ります。
遺伝や口呼吸(口で息をする癖)などが原因と言われています。

開咬

開咬

上下の歯が咬み合わない状態です。
舌癖(飲み込む時に歯の間に舌を出す癖)指しゃぶり、口呼吸(口で息をする癖)などにより起こります。

過蓋咬合

過蓋咬合

前歯の咬み合わせが深い状態です。
上顎と下顎の成長に差があったり、 奥歯が無くなった時や、舌の前歯の数が少ない時に起こります。

上下顎前突

上下顎前突

上下の前歯が前の方へ大きく傾斜した状態で口もとが突出しています。
顎の大きさに比べて歯が大きいときや、舌が大きい時に起こります。